16歳で漫画家デビューを果たした

ステフン・クヴェーネランのグラフィックノベル『MUNCH』が本日8月6日に刊行された。 1963年生まれのステフン・クヴェーネランはノルウェー出身の漫画家。独学で絵を学び、16歳で漫画家デビューを果たした。1993年に初の単行本『握りしめた拳』を出版。文学的な漫画に与えられる『スプローイング賞』を受賞している。これまでにラーシュ・フィスケとの共作『大砲』や、文学作品を漫画化した作品に加え、新聞の風刺画や本の挿絵も手掛けている。 2013年に発表された『MUNCH』は、絵画『叫び』などで知られるエドヴァルド・ムンクを題材にした伝記作品。ムンクを『叫び』の制作へと駆り立てた人間関係や妄念を探る内容になっており、クヴェー…

出典:http://spice.eplus.jp/articles/202021

18.自分の知らない世界を教えてくれる人!そして他人の趣向を否定しない人 19.性格いい人は顔もいいぞ 20.男 21.大学ででっかいイベントの企画 22.ない?気づいていないだけかも 23.ブランドにこだわりはない 24.最近チャイハネがキテる 25.行った美術館博物館展覧会の半券

休日は自分の制作活動を進めたいという気持ちと、創作意欲諸々のために美術館博物館展覧会を巡りたいという気持ち、どちらもある(どちらもすればいい話)
翁長雄志はよく闘いました。お疲れ様でした。沖縄の結論。それは沖縄独立です。沖縄の叫び声は本土には届きませんでした。本土の人間はすべて加害者で、翁長知事を引きずり下ろす縄に手を掛けていました。沖縄独立に踏み切ることでしか、米日のトップは見向きもしません。

なんか今日胸がモヤモヤするな〜て思ってよくよく心の叫びに耳を傾けてみたら7億欲しい…‼︎て叫んでた。

うわあああああプリチャンやりたいあああって叫びながら喉かきむしってるなう(薬物中毒者)

叫びすぎたぁああ喉が痛い

リドレーに這ってた蜘蛛にビビった東堂さんの叫び声にビビった荒北さんの可愛さに俺がビビった

ガチャ引いたらNなのにキャラ解放されたと思ったらろむたんだったから武器ごとエレメントにしたら悲痛な叫びが聞こえた

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です