2019年4月23日(火)~7月10日(水)まで、東京都美術館(東京・上野公園)で開催される

過去最大級のクリムト油彩画が集結する『クリムト展 ウィーンと日本 1900』が、2019年4月23日(火)~7月10日(水)まで、東京都美術館(東京・上野公園)で開催される。 グスタフ・クリムト(1862~1918)は、19世紀末から20世紀初頭のウィーンで活躍した画家。代表作《接吻》はオーストリアの芸術を代表する国宝的作品として位置付けられ、今や国外への出品は許されない作品となっている。写実的でアカデミックな画風から出発したクリムトは、やがて金箔を多用する「黄金の時代」を経て、装飾的で抽象的な色面と人物を組み合わせた独特の画風を確立。ウィーン・モダニズムの旗手として活躍した。無垢な少女、魔性の女、運命の女…&he…

出典:http://spice.eplus.jp/articles/202657

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です