国内外各地の「EXPERIMENT(実験)」を感じさせる、先鋭的なステージパフォーマンスが集結する「

今年のテーマは「女性」。女性とアート、女性と世界の関係を改めて考察する。 タイトル通り、国内外各地の「EXPERIMENT(実験)」を感じさせる、先鋭的なステージパフォーマンスが集結する「京都国際舞台芸術祭 KYOTO EXPERIMENT」(以下KEX)。7月に行われた記者会見を元に、第9回となる2018年度のKEXの概要を、公式プログラム15作品を中心に紹介する。 今回の公式プログラムの大きな特徴は、女性の作・演出家・振付家や、女性という性を強く意識した作品作りに挑むアーティスト/団体で固めたこと。正統派の演劇から美術や映像寄りなものまで、その表現スタイルはもちろん、セクシャリティとの向き合い方も、実に多様なアーティストが…

出典:http://spice.eplus.jp/articles/203998

日本で初めての国公立で演劇を学べる大学。演劇を学問として学べる国公立の場は東京藝大にもなぜかなかった。 高い学費の私立美大か、専門学校か、座・高円寺などのアカデミーに入るとか。この大学を卒業した人がどんな人材になっていくのか。 演劇学ぶ国内初の国公立大 

キャットアンドチョコレートすげぇ面白そうじゃん!!!高校演劇時代のエチュードを思い出す!!!やりてぇ!!!

ごーはいが10周年とゆことは わたしの演劇人生始まって10周年てこと! すばらしい!!!⸜(*ˊᵕˋ*)⸝ 記念すべき10周年🚣🏻‍♀️ 最高の航海になることを祈って…!

演劇部はいいぞ、なんてったって面白くて面白い。なんとそんな面白い演劇部がなんと明日の9:30から!タダで!涼しい部屋で!見られる!!凄い!!!きてね!!!

大衆演劇面白かったです!鈴丸姉さんお疲れ様でした!先生とロシアも気になるから後で調べます。

アイドルものと違って、演劇だからこその表現がいい ただの演劇でなく、武器をもって戦う表現すごいいい

続)小劇場演劇はどちらの側なんでしょうね。みずから垣根を設置管理して、跨いで来ることを求めるのか。それとも他の割とどうでもいい物理的制約のせいで客層が偏ってるだけなのか。いずれにせよ、工夫次第で客の動向は簡単に変化するだろうし、でも乱流に呑まれて自滅する集団もいるだろうなと思う。

【印刷物おまかせあれ!】フライヤー、DM、チケット、ポスターなど、小劇場演劇に必要な印刷物、作ります。小ロットでも可。予算に応じて作成、印刷、納品いたします。印刷物に関してのご相談も承りますので、お困りの方は一度ご相談ください。メッセージくださればご返信いたします。

バンドとかアイドルのチラシに比べたら演劇のチラシはまだしもちゃんとしている感があるような気がする/小劇場演劇のチラシはなぜダサいのか shibainomachi.com/2016/10/15/012…

SP水曜劇場とは、大阪はウラなんば・金毘羅をお借りして小劇場演劇の舞台映像を無料上映、ならびに同時ネット配信をするという丸7年も続いているイベントのことです。

続)小劇場演劇はどちらの側なんでしょうね。みずから垣根を設置管理して、跨いで来ることを求めるのか。それとも他の割とどうでもいい物理的制約のせいで客層が偏ってるだけなのか。いずれにせよ、工夫次第で客の動向は簡単に変化するだろうし、でも乱流に呑まれて自滅する集団もいるだろうなと思う。

編集しましたー! 熊本の小劇場演劇、もっと盛り上がってほしい🤔! 熊本の小劇場がブロードウェイミュージカルに挑む理由 タイトル・オブ・ショウ上演への道のり ink.tenkai.org/2018/08/23/tit…

2002年初演以来、国内のみならず、アジア演劇界を席巻し、《日本演劇界の至宝》、《小劇場演劇のひとつの到達点》とまで評された名古屋発の驚愕の二人芝居KUDAN Project『真夜中の弥次さん喜多さん』が、2018年11〜12月、名古屋・伊丹・四日市の三都市で上演。 twitter.com/KUDAN_Project/…

@kogule
メソッドがクロースアップと密接な関係があるのは確かです。マイズナーはむしろ舞台がメインですが、それでもリアリズム演劇自体が劇場空間を前提にしているのは確かで、その意味では下部構造の規定は受けてますね。そうか、同じ意味で小劇場演劇が小劇場という空間に規定されてたとも言えるわけか。

長塚圭史作品と私⑩ 破壊衝動が暴走する途中で、物語の趣きと方向性はずいぶん違っているのだが、「LAST SHOW」のオチ再び? とちょっと思ってしまったのは内緒(笑)。内容の感想を一言に込めると、とにかくフレッシュ。“小劇場演劇”として、確実にひどく若返っていたと思う。新鮮だった、とにかく。

今年も開催!第23回まつもと演劇祭シンポジウム。

「まつもと演劇祭とは?」

~全国最大規模の小劇場演劇の祭典~

まつもと演劇祭は長野県松本市で年1回行われている演劇祭です。

『同時多発・週末3日間に演劇三昧』をコンセプトに、県内外の劇団が市内複数の会場で公演を行う、全国最大規模の小劇場演劇の祭典です。

2017年に行われた第22回では10劇団が5会場で計38公演を実施しました。2018年も同規模で行う予定…

SP水曜劇場とは、大阪はウラなんば・金毘羅をお借りして小劇場演劇の舞台映像を無料上映、ならびに同時ネット配信をするという丸7年も続いているイベントのことです。

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です